婦人

一戸建てを建てたいなら実績のある業者に依頼|後悔しない選び方

住宅の構造

女の人

プロのアドバイスを受ける

杉並区に建てる一戸建て住宅の構造には木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、補強コンクリートブロック造などがあり、構造の違いによってさらに幾つにも分類されます。これらの構造には其々に特長があり、耐久性や耐火性、耐震性などが違えば、工期や工事費も異なります。また、どの構造を選ぶかは、杉並区の敷地条件と照らし合わせて決めることになりますが、杉並区の地盤を始め、敷地の周辺環境や面積形状などを確認した上で、一戸建ての規模やデザインと合わせて決めることが大事です。杉並区の一戸建て住宅で最も多い工法が木造軸組工法です。軸組工法とは柱と梁、筋違いを組み合わせてつくる工法です。鉄骨造も鉄と柱と梁の骨組みによってつくる工法なので、軸組工法の1種と言えます。工法を大きく分けると、軸組工法と壁式工法の2種類に分類できます。壁式工法は壁と床で箱型の構造体をつくる工法です。中でも、その代表的なものがツーバイフォー工法で、鉄筋コンクリート造の壁構造などがこれに当たります。どちらの工法でも構造計画が適切でなければ色々な問題を引き起こす恐れがあるので、充分な検討が必要です。上下階の壁、基礎の位置が重なっていること、出入り口や窓などの開口部を取り過ぎないないこと、壁の配置を偏らせないこと、これらに反する構造では、地震や台風の際、一戸建てが捩じれたり倒壊する可能性があります。また、構造計画については注意すべきことが沢山ありますが、最終的にはプロのアドバイスを求めることが大切です。

快適な住まいなら

住宅模型

家を選ぶ際に杉並区の一戸建て物件をチョイスされる際には、豊富な選択肢の中から選べるので、まず賃貸で使うのか分譲で使うのかを考えてから探しましょう。間取りや広さについてはある程度選ぶことができるので安心です。

火災に強い家をつくる

つみき

杉並区で一戸建てで火災が起きた場合、屋根材や外壁材に不燃材料・準不燃材料を使用した、燃えにくい家を造れば被害を最小限に抑えることができます。玄関ドアや窓も高耐火性の商品を選びましょう。家を造る時は火災を想定し、煙に巻き込まれず安全に避難できるように、勝手口や裏口を配置しましょう。

理想の家造りの依頼先

お家

杉並区で自分の家を誰に建ててもらうかは、一戸建てづくりにおいて1番大切な選択ポイントです。依頼先にはハウスメーカー、工務店、建築家の3パターンがあり、自分達の家の状況に応じて慎重に検討して選びます。また、長く住むためには依頼先との信頼関係も大切です。長年付き合っていけるかどうかもチェックしましょう。