婦人

一戸建てを建てたいなら実績のある業者に依頼|後悔しない選び方

火災に強い家をつくる

つみき

火に強い材料を使う

杉並区の一戸建てで火災が起きた時、被害を最小限に食い止めるには、不燃材料や準不燃材料を使用した一戸建てを造ることが大切です。どちらも通常の火災ではほとんど燃えず、有毒なガスや煙は発生しません。杉並区の一戸建てが火災があった際、燃えにくい材料を使っていれば、貰い火を防ぐことが可能です。燃えにくい屋根材には、瓦、天然スレート、セメント系スレートがあります。また、金属系の素材は燃えませんが熱が伝わりやすく、素材やグレードに幅があるので、材料をよく吟味して選ぶとともに、構造面で工夫を凝らす必要があります。外壁材ではコンクリートやレンガ、モルタル塗りが火災に強いです。サイディングは、窯業系、ALCパネル、金属板に断熱材を裏打ちしたものなどがあり、火に強く、剥がれ落ちない点が特長です。尚、玄関扉や窓も耐火性に優れているものを選びましょう。ドアの内部に充填された特殊発泡剤が、熱や炎に反応すると膨張し、火災を未然に防ぐ商品もあります。 杉並区に一戸建てを新築する際には、火災が起こることを想定して、避難方法やルートを計画することが望ましいです。普段は落ち着き払っている杉並区の人でも、非常時にはパニックを起こすことがあるかもしれません。そんな時は勝手口や裏口など、玄関とは別の逃げ道をつくっておくと安心です。火元に近い玄関を避けて煙に巻かれずに外へ逃げられます。高齢者や車いすを使っている家族がいる場合は、間口を広くしてスロープを造るなどバリアフリー仕様にするといいでしょう。